人気タグが ’離婚’ の投稿

最近では離婚する方も増えてきているので、

昔の様に離婚が即、マイナスとはなりませんが、

離婚歴は書きたくないという方も多く見受けられます。

まず、離婚歴は必ず書かなければならない、といった

身上書・釣書に必須の事項ではありません。

氏名や生年月日や住所の様に、本人を紹介する為に、

必ず書くべきものではない、ということです。

ですので、書く方と書かない方がおられます。

ただ、書かない場合でも、離婚歴がある場合は、仲人や仲介者を介して、

事前に知らせておいたほうが良いでしょう。

書く書かないは自由としても、相手側に誠意を見せるという意味で、

何らかの形で事前に伝えておく事をお勧めいたします。

この前の投稿でも書きましたが、最近増えてきているのが、

「両親が離婚、別居している場合」

です。

その場合の家族書の書き方についてのご相談です。

できれば知らせたくはないが、そうもいきません。

そのような場合の書き方は、

「両親が離婚している」場合の身上書・家族書の書き方

「両親が別居している」場合の身上書・家族書の書き方

の通りですが、

それ以外に仲介者(仲人等)を介して話してもらう、という手もあります。

あえて身上書・家族書には書かずに、ということです。

お見合いを断る時と同様に、相手側に穏やかに伝えられますので、

この方法もお勧めいたします。

>> 釣書・身上書・家族書 代筆サービス 〔納期3日・1万円〕  

よくあるご相談。

●「両親が別居している」場合の家族書の書き方。

別居のみで離婚していないのであれば
以下の様にそのまま書けば良いでしょう。

別居の事実は”口頭”で伝えれば良いでしょう。
仲人を通して伝えてもらうのがベストです。

例)
家族書
 父 山田 太郎 昭和○年○月生
 母 山田 花子 昭和○年○月生
 妹 山田 美咲 平成○年○月生

あるいは、

例)
家族書
 東京都○○区○○在住
 父 山田 太郎 昭和○年○月生

 神奈川県○○市○○在住
 母 山田 花子 昭和○年○月生
 妹 山田 美咲 平成○年○月生

これだと、別居している事が一目瞭然です。
最近では単身赴任や親の介護などで、別居するケースも多いので、
こう書いても良いでしょう。

>> 釣書・身上書・家族書 代筆サービス 〔納期3日・1万円〕  

よくあるご相談。

●「両親が離婚している」場合の家族書の書き方。

<名字が変わっていない場合>

以下の様にそのまま書けば良いでしょう。
離婚の事実は相手側家族の主だった人だけに、
”口頭”で伝えれば良いでしょう。
仲人を通して伝えてもらうのがベストです。

例)
家族書
 父 山田 太郎 昭和○年○月生
 母 山田 花子 昭和○年○月生
 妹 山田 美咲 平成○年○月生
<名字が変わっている場合>

2つ書き方があります。

まず、そのまま書く方法。

例)
家族書
 父 山田 太郎 昭和○年○月生
 母 鈴木 花子 昭和○年○月生
 妹 鈴木 美咲 平成○年○月生
離婚したという事がストレートに伝わる書き方です。
ただし、できるだけ離婚の事実を「ボカしたい」という意味ではちょっときびしいです。

その2、「あえて母方の名字を書かない」書き方

例)
家族書
 父 山田 太郎 昭和○年○月生
 母    花子 昭和○年○月生
 妹    美咲 平成○年○月生

これだと、一見見ただけでは離婚している事は相手には分かりません。

つまり、ご本人が生まれた時点の「家族書」という訳です。

ただ、これだけでは、やはり誠意に欠けるので、
仲人を通して離婚している事は伝えてもらうのがベストです。

相手側からすれば、嘘をついているとも取られ兼ねないので、
口頭で構いませんので、お見合いの段階から進んだら、早めに伝えるべきでしょう。

>> 釣書・身上書・家族書 代筆サービス 〔納期3日・1万円〕  

よくあるご相談。

両親が離婚している」あるいは「別居している」場合の家族書の書き方。

お見合いの場合なら家族書を出さなくて済む場合も多いので、
両親の離婚や別居は問題ありません。

ただ結納では家族書を出さなくてはならないので、これが問題になります。

できれば知られたくは無い事なのですが、そうもいきません。

そこで良い書き方のアドバイスをご紹介いたします。

●「両親が離婚している」場合の身上書・家族書の書き方

●「両親が別居している」場合の身上書・家族書の書き方

>> 釣書・身上書・家族書 代筆サービス 〔納期3日・1万円〕  

Q.離婚して苗字の変わった母を書く書くか?

A.離婚して苗字の変わった家族(例えば母親)がいる場合、
 家族書はこんな感じになってしまいます。

<家族書>
 父 ○○××男
 母 △△××子
 姉 ○○××子
 弟 ○○××次

母親の苗字(△△)だけが違って、
受け取った側は「おやっ」と思ってしまいます。

こういった場合は、

<家族書>
 父 ○○××男
 母   ××子
 姉   ××子
 弟   ××次

と書けば良いでしょう。

お見合いで渡すのなら、これで問題ありません。

ただし、お見合い後、正式にお付き合いする段階に進むようなら、
その時点で、離婚している事を相手に伝えるのがマナーでしょう。

あるいは仲人を通して相手側に伝えてもらいましょう。

>> 釣書・身上書・家族書 代筆サービス 〔納期3日・1万円〕