人気タグが ’縁談’ の投稿

家系図や親族図が「お見合い」の場で求められることは通常ありません。

よほどの名家や家元などの「お見合い」であれば話は違うかもしれませんが、、、

少なくとも一般の「お見合い」で求められるものではありません。

ただし「家族書」は時々、必要となる場合があります。

相手側が釣書(身上書)と共に「家族書」を出している場合など、

失礼にあたるので、こちらからも「家族書」を渡すのが良いでしょう。

>> 釣書・身上書・家族書 代筆サービス 〔納期3日・1万円〕  

会社の上司などから縁談を持ち込まれた場合、その場では断りにくいものです。

しかし身上書(釣書)を受け取ってしまうと、お見合い気があると思われてしまうので、その場で身上書(釣書)を開封せずに断るのがポイントです。

どうしてもその場で断ることができない場合には、とりあえず受け取って後日に「よく考えましたが~」などの理由で書類を返しましょう。

>>
 釣書・身上書・家族書 代筆サービス 〔納期3日・1万円〕  

お見合い用の写真ということになりますが、写真館・写真スタジオでの撮影で、メイク、ヘアメイクや衣装の有無で変わります。

自分の服、メイクなしで2万程度から、貸し衣装・メイクありで3万程度からでしょう。

とりあえず、身上書・釣書に付ける写真であれば、過去のスナップ写真でも構いません。

良い笑顔の写真を選んで、焼き増しすれば良いでしょう。

自然な感じの写真が選べるので、写真館・写真スタジオの撮影では緊張するという方には、スナップ写真がおススメです。

>> 釣書・身上書・家族書 代筆サービス 〔納期3日・1万円〕  

釣書(身上書)は全く面識のない者同士がお互いの事を知る大切なアイテムです。

お見合いのセッティングをする世話人(仲人)は、この釣書(身上書)を持って、両者の仲立ちを行います。

お見合いに際に釣書(身上書)は、 絶対に提出しなければいけない書類ではないのですが、この書類がないと相手の事が良く分かりません。

そのため事実上はほとんどの縁談で提出されています。

お見合いの席でも、これを見ながら話を進められるので、事前に取り交わしていると便利です。

>> 釣書・身上書・家族書 代筆サービス 〔納期3日・1万円〕