人気タグが ’結納’ の投稿

身上書・釣書の「宗教」欄の書き方についてのお話です。

まず、この「宗教」欄は”家”の宗教の話です。

身上書・釣書の当人の信仰も含めた家の宗教という事ですね。

もっと具体的に言えば、「お葬式はどこでするか?」という事です。

お見合いの場合、宗教は必ずしも書く必要はありません。

省いても構いません。(必ずしも相手側に伝えるべきものでは無い為)

「宗教 無宗教」と書くより、一般的な日本人の場合、

「宗教 仏教」と書いたほうが当たり障りが無くて良いでしょう。

信仰心が深いか浅いか等の話ではありませんので、特に気を遣う必要はありません。

結納で渡す身上書・釣書の「宗教」欄は、もう少し細かく書く必要があります。

結婚した後は、相手家との間に、お墓の問題も出てきますので、

お見合いの場合よりは、丁寧に書くべきだと思います。

「宗教 浄土真宗」とか「宗教 真言宗」とかです。

お見合いの場合、不要と言いましたが、先に相手側の身上書・釣書を受け取っていて、

そこに「宗教」欄が書かれていたら、こちらも礼儀として書くべきです。

以上まとめると、お見合いでは、書いても書かなくても可。

ただし、結納用の身上書・釣書では書くべきという事です。

<お見合い>

まず、基本的にお見合いでは、原則、家族書は不要です。

釣書(または身上書)だけでOKです。

※釣書と身上書は同じもの。見出し(タイトル)が違うだけ。

ただ、もし相手側から家族書も一緒に渡されたのであれば、

礼儀として、こちらも家族書も出すべきでしょう。

お見合いは当人同士の話なので、家族書は不要という訳でしょうか。

<結納>

結納に関しては家族書は必要です。

これは結婚するにあたって、自分の親族を相手側に紹介する意味があるからです。

以前に比べると、簡略化されつつありますが、

・両親

・兄弟姉妹

・祖父母(同居の場合)

くらいが最低必要な情報です。

個人情報の秘匿が重要になってきている昨今、

家族書の扱いに関しても、変わってきております。

具体的には、婚活・お見合いの段階では、家族書は相手側に出さない。

出す場合でも、あまり細かな内容は書かない、といったことです。

結納で出す場合は別ですが、お見合いの段階では、

本人以外の個人情報は、あまり外に出さないほうが良い、という考えだと思います。

お見合いする本人の情報は必ず必要ですが、結果がどうなるか分からないお見合いで、

家族情報までは出したくないという思いがあるようです。

例)

      家族書

  父 〇〇〇〇 昭和〇〇年生

         会社員

  母   〇〇 昭和〇〇年生

         専業主婦

  姉   〇〇 平成〇〇年生

         地方公務員

の様に、具体的な所属や生年月日は伏せるような方が多くなりました。

この前の投稿でも書きましたが、最近増えてきているのが、

「両親が離婚、別居している場合」

です。

その場合の家族書の書き方についてのご相談です。

できれば知らせたくはないが、そうもいきません。

そのような場合の書き方は、

「両親が離婚している」場合の身上書・家族書の書き方

「両親が別居している」場合の身上書・家族書の書き方

の通りですが、

それ以外に仲介者(仲人等)を介して話してもらう、という手もあります。

あえて身上書・家族書には書かずに、ということです。

お見合いを断る時と同様に、相手側に穏やかに伝えられますので、

この方法もお勧めいたします。

>> 釣書・身上書・家族書 代筆サービス 〔納期3日・1万円〕  

よくあるご相談。

●「両親が別居している」場合の家族書の書き方。

別居のみで離婚していないのであれば
以下の様にそのまま書けば良いでしょう。

別居の事実は”口頭”で伝えれば良いでしょう。
仲人を通して伝えてもらうのがベストです。

例)
家族書
 父 山田 太郎 昭和○年○月生
 母 山田 花子 昭和○年○月生
 妹 山田 美咲 平成○年○月生

あるいは、

例)
家族書
 東京都○○区○○在住
 父 山田 太郎 昭和○年○月生

 神奈川県○○市○○在住
 母 山田 花子 昭和○年○月生
 妹 山田 美咲 平成○年○月生

これだと、別居している事が一目瞭然です。
最近では単身赴任や親の介護などで、別居するケースも多いので、
こう書いても良いでしょう。

>> 釣書・身上書・家族書 代筆サービス 〔納期3日・1万円〕  

よくあるご相談。

●「両親が離婚している」場合の家族書の書き方。

<名字が変わっていない場合>

以下の様にそのまま書けば良いでしょう。
離婚の事実は相手側家族の主だった人だけに、
”口頭”で伝えれば良いでしょう。
仲人を通して伝えてもらうのがベストです。

例)
家族書
 父 山田 太郎 昭和○年○月生
 母 山田 花子 昭和○年○月生
 妹 山田 美咲 平成○年○月生
<名字が変わっている場合>

2つ書き方があります。

まず、そのまま書く方法。

例)
家族書
 父 山田 太郎 昭和○年○月生
 母 鈴木 花子 昭和○年○月生
 妹 鈴木 美咲 平成○年○月生
離婚したという事がストレートに伝わる書き方です。
ただし、できるだけ離婚の事実を「ボカしたい」という意味ではちょっときびしいです。

その2、「あえて母方の名字を書かない」書き方

例)
家族書
 父 山田 太郎 昭和○年○月生
 母    花子 昭和○年○月生
 妹    美咲 平成○年○月生

これだと、一見見ただけでは離婚している事は相手には分かりません。

つまり、ご本人が生まれた時点の「家族書」という訳です。

ただ、これだけでは、やはり誠意に欠けるので、
仲人を通して離婚している事は伝えてもらうのがベストです。

相手側からすれば、嘘をついているとも取られ兼ねないので、
口頭で構いませんので、お見合いの段階から進んだら、早めに伝えるべきでしょう。

>> 釣書・身上書・家族書 代筆サービス 〔納期3日・1万円〕  

よくあるご相談。

両親が離婚している」あるいは「別居している」場合の家族書の書き方。

お見合いの場合なら家族書を出さなくて済む場合も多いので、
両親の離婚や別居は問題ありません。

ただ結納では家族書を出さなくてはならないので、これが問題になります。

できれば知られたくは無い事なのですが、そうもいきません。

そこで良い書き方のアドバイスをご紹介いたします。

●「両親が離婚している」場合の身上書・家族書の書き方

●「両親が別居している」場合の身上書・家族書の書き方

>> 釣書・身上書・家族書 代筆サービス 〔納期3日・1万円〕  

先日受けた相談。

お見合いする方のお母様からの相談で、お見合いする方の兄弟に障害を持った方がいる様なのですが、その事を身上書(釣書)で書くべきか、というご相談です。

身内に障害を持った方がいる場合以外でも、認知症や精神疾患の家族がいる場合、どうしたら良いか、という相談はよく受けます。

私の答えは、、、

「隠す」という意味ではなく、

少なくともお見合いで使う身上書(釣書)では家族書は一般的に不要です。

ですので、書く必要はありません。

結納などで使う身上書(釣書)では家族書を付ける必要がありますが、その様な場合でも個人の病状などを書く習慣はありませんので不要です

結納に進むのなら、当然家族状況は双方理解し合ってるはずなので、あえて身上書(釣書)や家族書で書く、といったことも不要でしょう。

家族書で書くことは無くとも、少なくともお見合いのOKを受ける時点で、自分の家族にその様な方がおられる、ということを相手側に伝えるのはマナーだと思いますが、、、

仲人や仲介者を通じて伝えれば良いでしょう。

>> 釣書・身上書・家族書 代筆サービス 〔納期3日・1万円〕  

既往症とは何?

9月 4th, 2012

「きおうしょう」と読みます。
これまでにかかったことのある病気で、現在は治癒しているもので、既往歴とも言われます。
お見合いや結納の釣書(身上書)に書く項目です。
ご本人の健康状態を相手側に伝えるものです。

釣書(身上書)には「既往症 無し」などと書きます。
軽い病気やなどであれば、書く必要はありません。

>> 釣書・身上書・家族書 代筆サービス 〔納期3日・1万円〕  

家族書とは何?

8月 20th, 2012

お見合いや結納、結婚の際の「家族書」に関して、ご説明いたします。

まず、身上書や釣書と言われるものは、本人のプロフィールを書いたものです。
身上書と釣書は同じものです。言い方が違うだけです。

お見合いや結納で相手側に渡されます。こちらも相手からもらいます。

一般的にお見合いの段階では家族書は必要ありません。

結納や結婚前に、家族書が求められる場合が多いようです。

ですので、家族書は実際の結婚に際して必要になるもの、と考えれば良いでしょう。

>> 釣書・身上書・家族書 代筆サービス 〔納期3日・1万円〕  

お見合い用の釣書・身上書と結納(結婚)用で違います。

親に認めて貰うために

相手の兄弟構成やおじいさんおばあさんがご健在なのかどうかぐらいは
わからないと、顔合わせや結納のときに困るとの親の主張には
なるほど…と思いましたので、交換しました。
(最初は抵抗がありました)

質問者さんのお父さんの狙いが何なのかはわかりませんが、
お互いのことを知る上でも、
交換されることは悪いことではないと思います。

 ※家計図までは不要

>> 釣書・身上書・家族書 代筆サービス 〔納期3日・1万円〕  

婚活やお見合いで失敗しないために 身上書・釣書の書き方についてご紹介!
釣書き(身上書)のペン字サンプル
実際の身上書・釣書はこのようなものです。
(※身上書・釣書のテンプレート)

< ポイント >
略歴・プロフィール
手書き
便せん1枚
が基本です。

< 使用目的 >
お見合い結納で相手側に渡されます。

< 注意する事 >
内容も重要ですが、字は人柄をあらわします。
そのため、きれいな字でなくても構いませんが、「ていねいな字」で真面目誠実な人柄をを伝えましょう。 お見合いでは、それが何より大切なことです。

これだけでOK、釣書・身上書
◇釣書と身上書は同じもの。最初のタイトル(釣書 or 身上書)はどちらでもいい。
◇便せん
を使用(無地の罫線が入っていないもの)。横向きで文字は縦書き。
◇手書き(小筆か万年筆)。黒色で書く。
◇お見合いでは家族書は不要。結納では必要。

>> 釣書・身上書・家族書 代筆サービス 〔納期3日・1万円〕  

結納で身上書・釣書を出す場合は、家族書を付けてください。

お見合いの場合は基本的に不要です。家族書を付ける必要はありません。

相手側から、既に身上書・釣書が届いているのであれば、それに合わせるのが良いと思います。

それに家族書も付けてあるのであれば、礼儀としてこちらも付けます。

これからお見合いで身上書・釣書を出す場合は、家族書は不要です。

>> 釣書・身上書・家族書 代筆サービス 〔納期3日・1万円〕  

お見合い用と結納用で目的は違います。

お見合い用
もちろんお見合い相手の方向けですが、それ以上にご両親や間に立つ仲人用に用いられます。

こういう身元、経歴の方で、問題ありませんという、周囲を納得させる文書でもある訳です。

お見合い相手にとっては、このような紙一枚よりも、お相手の写真のほうが、よほど気になるものですので・・・

結納用
結納用では、ご両親や親戚などのためだけに必要な文書です。

身元、経歴をはっきりさせて、家族・親戚の一員として迎えるための準備のための文書です。

この段階では、もう本人は関係ありません。家族間でのみ必要なものです。
家族書を結納時に付けるのは、そのためです。

>> 釣書・身上書・家族書 代筆サービス 〔納期3日・1万円〕  

釣書(身上書)は、お見合いの前に交換して、お見合いをするかどうか決めるためのものです。

また、お見合いの席でも、これを見ながら話を進めるという場合もあります。

家族書・親族書は結納の時に交わすものです。お見合いの段階では不要です。

>> 釣書・身上書・家族書 代筆サービス 〔納期3日・1万円〕  

「つりがき」または「つりしょ」と読みます。

身上書「しんじょうしょ」と言う場合もあります。

全て同じもので、お見合いや結納の時に相手側の家と交わすものです。

お見合いで使う場合の釣書は、相手側にお見合いするかどうかの判断材料なります。

>> 釣書・身上書・家族書 代筆サービス 〔納期3日・1万円〕