人気タグが ’姉妹’ の投稿

以前にも書いたように、基本的にお見合いでは、原則、家族書は不要です。

ただ、もし相手側から家族書も一緒に渡されたのであれば、礼儀として、こちらも家族書も出すべきでしょう。

結納に関しては家族書は必要です。

これは結婚するにあたって、自分の親族を相手側に紹介する意味があるからです。

家族書の内容に関してですが、

・両親

・兄弟姉妹

・祖父母(同居の場合)

くらいが最低必要な情報です。

自分自身は身上書・釣書に書いてあるので、家族書には書きません。

例)

 家族書
  父   氏名 生年月生
  母   氏名 生年月生
  兄   氏名 生年月生
  姉   氏名 生年月生
  弟   氏名 生年月生
  妹   氏名 生年月生

年長の順に書く。

自分はこの中に入れないこと。

既に結婚している兄弟・姉妹はその配偶者も書くこと。

その場合「義兄」「義弟」「義姉」「義妹」にする。

祖父母、親戚、兄弟と配偶者の子供までは書かなくて構いません。

お見合いで家族書を交わす様な場合、仲人によっては第三者の人に渡る可能性もあるので、生年月日は「平成 or 昭和〇年〇月生」と月くらいまでで可。

職業や卒業大学など書いても構いませんが、身上書・釣書が通常1枚なので、家族書も1枚に収まる様に書いたほうが良いでしょう。