人気タグが ’個人情報’ の投稿

個人情報の秘匿が重要になってきている昨今、

家族書の扱いに関しても、変わってきております。

具体的には、婚活・お見合いの段階では、家族書は相手側に出さない。

出す場合でも、あまり細かな内容は書かない、といったことです。

結納で出す場合は別ですが、お見合いの段階では、

本人以外の個人情報は、あまり外に出さないほうが良い、という考えだと思います。

お見合いする本人の情報は必ず必要ですが、結果がどうなるか分からないお見合いで、

家族情報までは出したくないという思いがあるようです。

例)

      家族書

  父 〇〇〇〇 昭和〇〇年生

         会社員

  母   〇〇 昭和〇〇年生

         専業主婦

  姉   〇〇 平成〇〇年生

         地方公務員

の様に、具体的な所属や生年月日は伏せるような方が多くなりました。

釣書・身上書はまさに個人情報そのものです。

氏名、住所、生年月日、学歴、職歴等々、、、

ただし紙に書かれたものなので、これがネットに流出してどうこう、

といった事にはなりにくいのは事実です。

とは言え、個人情報そのものであるし、かと言って、

これらを書かなければ釣書・身上書として意味をなさないのも現実です。

少なくとも、信用できる仲人や結婚紹介所を選んで渡すこと、

家族書を添付する際は、家族の生年月日は「◌年◌月生」までにとどめる、

とか、ある程度配慮したほうが、今の時代良いかもしれませんね。

>> 釣書・身上書・家族書 代筆サービス 〔納期3日・1万円〕  

釣書・身上書は個人情報なので、細かく書きたくない、という方も多いでしょう。

受け取る側も、あまり細かなことを書かれても困りますし、こちらも同様の事を書く必要があるのかと、気を使わせることになります。

そのような方には、お見合いと結納の段階の釣書・身上書で、分けて考えれば良いでしょう。

お見合いの段階の釣書・身上書であれば、多少の簡略化は許されるでしょう。

結納の段階の釣書・身上書であれば、簡略化はせずに、やはり正式にキチンと書くべきでしょう。

>> 釣書・身上書・家族書 代筆サービス 〔納期3日・1万円〕  

きわめてプライベートな個人情報ですし、言いたくない所はあると思います。
特に外見・容姿に関する身長や体重、健康状態・病歴、家族に関することなどです。

その線引きは難しいのですが、名前や住所など、書かなければ身上書 ・釣書として意味をなさない項目があります。

それらはキチンと書いた上で、書きたくない項目を「書かない」あるいは「少しあいまいにして書く」ということをおススメします。

>> 釣書・身上書・家族書 代筆サービス 〔納期3日・1万円〕