人気タグが ’仲人’ の投稿

Q).釣書・身上書はお見合いの数だけ、手書きで書くべきか?

A).とりあえず1通、手書きで書いてみては。

私どもでは代書業を生業にしている為、

お見合いの相手の数だけ、手書きでご依頼頂ければ、有難いのですが(笑)・・・

冗談はさておき、費用の面からも、手書きで複数枚というのは難しい場合もあると思います。

ご自分で書くのであれば、人数分書くべきだと思いますが、その場合も、かなり手間と時間がかかるでしょう。

外部に依頼するにせよ、自分で書くにせよ、

とりあえず1通、手書きで書いて、残りは、そのコピーで済ます、という方もおられます。

最初に手書きの原紙を複数コピーしておいて、

最初にお見合いされる相手には手書きの原紙を、

それ以降、お見合いの話が来たら、その相手にはコピーを、という方もいます。

あるいは、本命のお相手には手書き原紙を、その他にはコピーをという方も。

一切を仲人に任せ、手書きの原紙を仲人に渡すだけの方もいます。

決まりがある訳ではないので、最終的にはご自身の判断で宜しいかと思います。

最近では離婚する方も増えてきているので、

昔の様に離婚が即、マイナスとはなりませんが、

離婚歴は書きたくないという方も多く見受けられます。

まず、離婚歴は必ず書かなければならない、といった

身上書・釣書に必須の事項ではありません。

氏名や生年月日や住所の様に、本人を紹介する為に、

必ず書くべきものではない、ということです。

ですので、書く方と書かない方がおられます。

ただ、書かない場合でも、離婚歴がある場合は、仲人や仲介者を介して、

事前に知らせておいたほうが良いでしょう。

書く書かないは自由としても、相手側に誠意を見せるという意味で、

何らかの形で事前に伝えておく事をお勧めいたします。

お見合いの際の相手側への釣書・身上書の渡し方についてお話しします。

まず、仲人・紹介所等を通す場合、そちらに渡せば済みます。

ですので、特に問題はありません。

いない場合ですが、その場合でも仲人とは言えないまでも、間に入る方はどなたか居るはずです。

その方を通して渡すのが一番良いでしょう。

間に入る方は、自分のほうにも、また相手側にもいます。

複数の方が間に入る事も多いので、渡す手順については、その方たちに決めてもらうほうがスムーズに行きます。

この前の投稿でも書きましたが、最近増えてきているのが、

「両親が離婚、別居している場合」

です。

その場合の家族書の書き方についてのご相談です。

できれば知らせたくはないが、そうもいきません。

そのような場合の書き方は、

「両親が離婚している」場合の身上書・家族書の書き方

「両親が別居している」場合の身上書・家族書の書き方

の通りですが、

それ以外に仲介者(仲人等)を介して話してもらう、という手もあります。

あえて身上書・家族書には書かずに、ということです。

お見合いを断る時と同様に、相手側に穏やかに伝えられますので、

この方法もお勧めいたします。

>> 釣書・身上書・家族書 代筆サービス 〔納期3日・1万円〕  

よくあるご相談。

●「両親が別居している」場合の家族書の書き方。

別居のみで離婚していないのであれば
以下の様にそのまま書けば良いでしょう。

別居の事実は”口頭”で伝えれば良いでしょう。
仲人を通して伝えてもらうのがベストです。

例)
家族書
 父 山田 太郎 昭和○年○月生
 母 山田 花子 昭和○年○月生
 妹 山田 美咲 平成○年○月生

あるいは、

例)
家族書
 東京都○○区○○在住
 父 山田 太郎 昭和○年○月生

 神奈川県○○市○○在住
 母 山田 花子 昭和○年○月生
 妹 山田 美咲 平成○年○月生

これだと、別居している事が一目瞭然です。
最近では単身赴任や親の介護などで、別居するケースも多いので、
こう書いても良いでしょう。

>> 釣書・身上書・家族書 代筆サービス 〔納期3日・1万円〕  

よくあるご相談。

●「両親が離婚している」場合の家族書の書き方。

<名字が変わっていない場合>

以下の様にそのまま書けば良いでしょう。
離婚の事実は相手側家族の主だった人だけに、
”口頭”で伝えれば良いでしょう。
仲人を通して伝えてもらうのがベストです。

例)
家族書
 父 山田 太郎 昭和○年○月生
 母 山田 花子 昭和○年○月生
 妹 山田 美咲 平成○年○月生
<名字が変わっている場合>

2つ書き方があります。

まず、そのまま書く方法。

例)
家族書
 父 山田 太郎 昭和○年○月生
 母 鈴木 花子 昭和○年○月生
 妹 鈴木 美咲 平成○年○月生
離婚したという事がストレートに伝わる書き方です。
ただし、できるだけ離婚の事実を「ボカしたい」という意味ではちょっときびしいです。

その2、「あえて母方の名字を書かない」書き方

例)
家族書
 父 山田 太郎 昭和○年○月生
 母    花子 昭和○年○月生
 妹    美咲 平成○年○月生

これだと、一見見ただけでは離婚している事は相手には分かりません。

つまり、ご本人が生まれた時点の「家族書」という訳です。

ただ、これだけでは、やはり誠意に欠けるので、
仲人を通して離婚している事は伝えてもらうのがベストです。

相手側からすれば、嘘をついているとも取られ兼ねないので、
口頭で構いませんので、お見合いの段階から進んだら、早めに伝えるべきでしょう。

>> 釣書・身上書・家族書 代筆サービス 〔納期3日・1万円〕  

釣書・身上書はまさに個人情報そのものです。

氏名、住所、生年月日、学歴、職歴等々、、、

ただし紙に書かれたものなので、これがネットに流出してどうこう、

といった事にはなりにくいのは事実です。

とは言え、個人情報そのものであるし、かと言って、

これらを書かなければ釣書・身上書として意味をなさないのも現実です。

少なくとも、信用できる仲人や結婚紹介所を選んで渡すこと、

家族書を添付する際は、家族の生年月日は「◌年◌月生」までにとどめる、

とか、ある程度配慮したほうが、今の時代良いかもしれませんね。

>> 釣書・身上書・家族書 代筆サービス 〔納期3日・1万円〕  

最初に相手側に渡される釣書・身上書は、つまり「第一印象」になる訳です。

お相手に会っていない段階でのファースト・コンタクトということになります。

ですので、良い印象を与えるためにも、釣書・身上書はとても重要なアイテムとなります。

必ずしも字が綺麗だから良い、という訳ではありません。

自筆で書くのであれば、丁寧に書けているか、誤字脱字は無いか等、人柄が出る点に気を付けましょう。

実際に会って断られるのであれば、まだ納得できますが、釣書・身上書を見ただけでNGというのは、ちょっと嫌ですから、、、

!(^^)!

>> 釣書・身上書・家族書 代筆サービス 〔納期3日・1万円〕  

先日受けた相談。

お見合いする方のお母様からの相談で、お見合いする方の兄弟に障害を持った方がいる様なのですが、その事を身上書(釣書)で書くべきか、というご相談です。

身内に障害を持った方がいる場合以外でも、認知症や精神疾患の家族がいる場合、どうしたら良いか、という相談はよく受けます。

私の答えは、、、

「隠す」という意味ではなく、

少なくともお見合いで使う身上書(釣書)では家族書は一般的に不要です。

ですので、書く必要はありません。

結納などで使う身上書(釣書)では家族書を付ける必要がありますが、その様な場合でも個人の病状などを書く習慣はありませんので不要です

結納に進むのなら、当然家族状況は双方理解し合ってるはずなので、あえて身上書(釣書)や家族書で書く、といったことも不要でしょう。

家族書で書くことは無くとも、少なくともお見合いのOKを受ける時点で、自分の家族にその様な方がおられる、ということを相手側に伝えるのはマナーだと思いますが、、、

仲人や仲介者を通じて伝えれば良いでしょう。

>> 釣書・身上書・家族書 代筆サービス 〔納期3日・1万円〕  

お見合いから挙式まで、3種類の人が関わります。

ただし、同じ人が仲人として全てを行う場合もあります。

1.紹介者(世話人)
結婚を考えている2人の出会いをマッチングする人で、見合いとその後のフォローまで関わる人です。

2.仲人
話しが決まった後、結納から披露宴まで、両家の間に立って取りまとめをする人です。紹介者(世話人)が仲人になる場合もあります。

3.媒酌人
挙式、披露宴のときに媒酌の労をとる人のことで、多くの場合、仲人が媒酌人になります。

>> 釣書・身上書・家族書 代筆サービス 〔納期3日・1万円〕  

男女双方合わせて、三万円から五万円程度が妥当でしょう。

これを基準に、もし手間をかけたような場合は、少し増やす程度で良いでしょう。

なお、これはお見合いのお礼の謝礼なので、結納に進んだ場合は別途謝礼が必要になります。ご注意ください。

>> 釣書・身上書・家族書 代筆サービス 〔納期3日・1万円〕  

お見合い用の写真ということになりますが、写真館・写真スタジオでの撮影で、メイク、ヘアメイクや衣装の有無で変わります。

自分の服、メイクなしで2万程度から、貸し衣装・メイクありで3万程度からでしょう。

とりあえず、身上書・釣書に付ける写真であれば、過去のスナップ写真でも構いません。

良い笑顔の写真を選んで、焼き増しすれば良いでしょう。

自然な感じの写真が選べるので、写真館・写真スタジオの撮影では緊張するという方には、スナップ写真がおススメです。

>> 釣書・身上書・家族書 代筆サービス 〔納期3日・1万円〕  

仲人に聞くのが良いでしょう。

仲人次第ですが、身上書・釣書とともに写真を同封したほうが効果的だと思います。

これから不特定の人に渡す予定であれば、入れてみてはいかがでしょうか?

もし、特定の方と身上書・釣書を交わすのであれば、相手側に合わせるのがルールなので、そうしてください。

つまり、相手から写真無しなら、こちらも写真は付けない。逆なら「付ける」とういうことです。

>> 釣書・身上書・家族書 代筆サービス 〔納期3日・1万円〕  

身上書・釣書を仲人に渡す際の封筒は市販のもので構いません

ただし茶封筒どと、少し事務的で素っ気がないので、白色の封筒のほうが上品で良いでしょう。

郵便欄(7桁の赤枠)は入っていても構いません。

表に「身上書一式」または「釣書一式」と書いて、仲人に渡します。

どちらを書くかは、本文のタイトル(身上書か釣書)に合わせます。

決まった人に渡すのであれば1部で、これから相手を探すのであれば、複数部用意して渡します。

手書きの原紙が良いのですが、無理なら、コピーして身上書・釣書を作ります。

スナップ写真などを入れても構いません。
もし、写真を入れたほうが効果的だと思うのであれば、積極的に入れましょう。

>> 釣書・身上書・家族書 代筆サービス 〔納期3日・1万円〕  

釣書(身上書)と共に写真を同封して、相手側(または仲人)に渡す場合があります。

そのような場合、写真を同封するかどうか悩むでしょう。

基本的に、写真は無くても失礼にはあたりません。

もし仲人を経由して相手側に渡すのであれば、仲人に聞くのが良いでしょう。

相手側から、既に釣書(身上書)が届いているのであれば、それに合わせるのが良いと思います。

つまり写真を同封していなければ、こちらも同封しない。写真が同封されているのであれば、こちらも同封する。
ということです。

もちろん、こちらから積極的に写真を同封しても、まったく問題はありません。

例えば、年齢よりも若く見える、といった場合など、釣書(身上書)だけで判断されるより、積極的に写真を同封したほうが良いでしょう。

>> 釣書・身上書・家族書 代筆サービス 〔納期3日・1万円〕  

釣書(身上書)は全く面識のない者同士がお互いの事を知る大切なアイテムです。

お見合いのセッティングをする世話人(仲人)は、この釣書(身上書)を持って、両者の仲立ちを行います。

お見合いに際に釣書(身上書)は、 絶対に提出しなければいけない書類ではないのですが、この書類がないと相手の事が良く分かりません。

そのため事実上はほとんどの縁談で提出されています。

お見合いの席でも、これを見ながら話を進められるので、事前に取り交わしていると便利です。

>> 釣書・身上書・家族書 代筆サービス 〔納期3日・1万円〕  

できあがった書類はもう一度最後にチェックして、まとめて封筒に入れます。

開封のまま写真とともに大き目の封筒に入れるようにします。

写真が必要かどうかは、仲人に聞けば良いでしょう。

表に○○○書類一式と書いて世話人(仲人)に渡します。

>> 釣書・身上書・家族書 代筆サービス 〔納期3日・1万円〕