人気タグが ’カソリック’ の投稿

身上書・釣書の「宗教」欄の書き方についてのお話です。

まず、この「宗教」欄は”家”の宗教の話です。

身上書・釣書の当人の信仰も含めた家の宗教という事ですね。

もっと具体的に言えば、「お葬式はどこでするか?」という事です。

お見合いの場合、宗教は必ずしも書く必要はありません。

省いても構いません。(必ずしも相手側に伝えるべきものでは無い為)

「宗教 無宗教」と書くより、一般的な日本人の場合、

「宗教 仏教」と書いたほうが当たり障りが無くて良いでしょう。

信仰心が深いか浅いか等の話ではありませんので、特に気を遣う必要はありません。

結納で渡す身上書・釣書の「宗教」欄は、もう少し細かく書く必要があります。

結婚した後は、相手家との間に、お墓の問題も出てきますので、

お見合いの場合よりは、丁寧に書くべきだと思います。

「宗教 浄土真宗」とか「宗教 真言宗」とかです。

お見合いの場合、不要と言いましたが、先に相手側の身上書・釣書を受け取っていて、

そこに「宗教」欄が書かれていたら、こちらも礼儀として書くべきです。

以上まとめると、お見合いでは、書いても書かなくても可。

ただし、結納用の身上書・釣書では書くべきという事です。