書くときの注意は?

◇身上書・釣書は本人が直筆で、心を込めて書きましょう。

パソコンで作成したものよりも印象が良くなります。

筆文字が一番ていねいですが、難しい様であれば万年筆で書きます。

用紙は罫線が入っていない便箋で横向き、文字は縦書きです。

あまり派手な柄は避けたほうが無難です。

タイトルは釣書、身上書とちらでも結構です。

一般に関東より北では釣書、関西より西では身上書が多いようです。

でも決まりはありませんので、、、

◇仲人さんが提携している他の結婚相談所にも渡せるように、複数作っておいた方が良いでしょう。

◇身上書・釣書はコピーより原本の方が印象が良くなりますので、面倒ですが手書きで複数部を用意しましょう。

もし、それが無理であれば、手書きで1部オリジナルの身上書・釣書を作って、それをコピーして使ってください。

◇資格や趣味の欄などに話のネタになりそうなことを盛り込んでおくと、お見合い当日の話題づくりにもつながります。

>> 釣書・身上書・家族書 代筆サービス 〔納期3日・1万円〕  

釣書き(身上書)の色・用紙の見本2