先日受けた相談。

お見合いする方のお母様からの相談で、お見合いする方の兄弟に障害を持った方がいる様なのですが、その事を身上書(釣書)で書くべきか、というご相談です。

身内に障害を持った方がいる場合以外でも、認知症や精神疾患の家族がいる場合、どうしたら良いか、という相談はよく受けます。

私の答えは、、、

「隠す」という意味ではなく、

少なくともお見合いで使う身上書(釣書)では家族書は一般的に不要です。

ですので、書く必要はありません。

結納などで使う身上書(釣書)では家族書を付ける必要がありますが、その様な場合でも個人の病状などを書く習慣はありませんので不要です

結納に進むのなら、当然家族状況は双方理解し合ってるはずなので、あえて身上書(釣書)や家族書で書く、といったことも不要でしょう。

家族書で書くことは無くとも、少なくともお見合いのOKを受ける時点で、自分の家族にその様な方がおられる、ということを相手側に伝えるのはマナーだと思いますが、、、

仲人や仲介者を通じて伝えれば良いでしょう。

>> 釣書・身上書・家族書 代筆サービス 〔納期3日・1万円〕