Q.離婚して苗字の変わった母を書く書くか?

A.離婚して苗字の変わった家族(例えば母親)がいる場合、
 家族書はこんな感じになってしまいます。

<家族書>
 父 ○○××男
 母 △△××子
 姉 ○○××子
 弟 ○○××次

母親の苗字(△△)だけが違って、
受け取った側は「おやっ」と思ってしまいます。

こういった場合は、

<家族書>
 父 ○○××男
 母   ××子
 姉   ××子
 弟   ××次

と書けば良いでしょう。

お見合いで渡すのなら、これで問題ありません。

ただし、お見合い後、正式にお付き合いする段階に進むようなら、
その時点で、離婚している事を相手に伝えるのがマナーでしょう。

あるいは仲人を通して相手側に伝えてもらいましょう。

>> 釣書・身上書・家族書 代筆サービス 〔納期3日・1万円〕  

西暦⇔和暦・変換表

5月 22nd, 2013

日本の履歴書、職務経歴書などの書類では和暦を使うことが多いです。

以下の変換表で間違いが無いか、ご確認ください。

≪和暦から西暦の換算のポイント≫

平成から西暦に変換するには「12を引く」
 例)平成16年だったら西暦では2004年
   平成2年だったら西暦では1990年

 逆の変換だったら「12を足す」

昭和と西暦の変換は「25を足す」

 例)昭和50年だったら1975年

 逆の計算では「25を引く」

※昭和・平成の切り替え年の1989年、昭和64年、平成元年だけ、ご注意ください。

ちなみに、今年は西暦 2013年で平成25年です。

西暦 和暦 西暦 和暦
2013年 平成25年 1989年 平成元年(1/8~)
昭和64年(~1/7)
2012年 平成24年 1988年 昭和63年
2011年 平成23年 1987年 昭和62年
2010年 平成22年 1986年 昭和61年
2009年 平成21年 1985年 昭和60年
2008年 平成20年 1984年 昭和59年
2007年 平成19年 1983年 昭和58年
2006年 平成18年 1982年 昭和57年
2005年 平成17年 1981年 昭和56年
2004年 平成16年 1980年 昭和55年
2003年 平成15年 1979年 昭和54年
2002年 平成14年 1978年 昭和53年
2001年 平成13年 1977年 昭和52年
2000年 平成12年 1976年 昭和51年
1999年 平成11年 1975年 昭和50年
1998年 平成10年 1974年 昭和49年
1997年 平成9年 1973年 昭和48年
1996年 平成8年 1972年 昭和47年
1995年 平成7年 1971年 昭和46年
1994年 平成6年 1970年 昭和45年
1993年 平成5年 1969年 昭和44年
1992年 平成4年 1968年 昭和43年
1991年 平成3年 1967年 昭和42年
1990年 平成2年 1966年 昭和41年

 
>> 釣書・身上書・家族書 代筆サービス 〔納期3日・1万円〕