服装は、待ち合わせやお見合いする場所が、”それなり”の所でしょうから、普段着に見えるような服装は避けましょう。

女性ならカジュアルすぎない小奇麗なもので、清楚な感じのワンピースなどいかがでしょうか?

男性は、スーツにネクタイはちょっと固いかも。
ノーネクタイでジャケットを羽織る程度のはどうでしょうか?

>> 釣書・身上書・家族書 代筆サービス 〔納期3日・1万円〕  

「お茶代」はお見合いのデートでの、飲食費代等のデート代です。
決まりはありませんが、男性が支払う場合が多いようです。

割り勘はダメです。

お茶代は「男性」が気持ちよく出してあげたほうが良いでしょう。
ただ、女性もそれが当然という態度は、嫌われますので、ご注意ください。

女性は「払うフリ」または食事代を出してもらったら、喫茶店の代金だけ出すといった心遣いが必要です。

>> 釣書・身上書・家族書 代筆サービス 〔納期3日・1万円〕  

お見合いから挙式まで、3種類の人が関わります。

ただし、同じ人が仲人として全てを行う場合もあります。

1.紹介者(世話人)
結婚を考えている2人の出会いをマッチングする人で、見合いとその後のフォローまで関わる人です。

2.仲人
話しが決まった後、結納から披露宴まで、両家の間に立って取りまとめをする人です。紹介者(世話人)が仲人になる場合もあります。

3.媒酌人
挙式、披露宴のときに媒酌の労をとる人のことで、多くの場合、仲人が媒酌人になります。

>> 釣書・身上書・家族書 代筆サービス 〔納期3日・1万円〕  

男女双方合わせて、三万円から五万円程度が妥当でしょう。

これを基準に、もし手間をかけたような場合は、少し増やす程度で良いでしょう。

なお、これはお見合いのお礼の謝礼なので、結納に進んだ場合は別途謝礼が必要になります。ご注意ください。

>> 釣書・身上書・家族書 代筆サービス 〔納期3日・1万円〕  

必要なのは、良い印象を与えるための書き方

そして、お見合いの会話に役立つ書き方、の2つだと思います。

良い印象を与えるための書き方とは、相手側に気に入ってもらえるような、人物・人柄であることをアピールするものです。

こらはお見合い相手だけではなく、相手側のご両親にも好印象を与えるような書き方が必要です。

その結果、相手側から良い返事がが得られ、実際のお見合いに到る訳です。

お見合いの会話に役立つ書き方とは、お見合い会場で、相手と対面しても、話題に事欠かないような、趣味や特技、プロフィールなどを書くということです。

お見合いでの積極的な話題作りのために、釣書・身上書を活用しましょう。

>> 釣書・身上書・家族書 代筆サービス 〔納期3日・1万円〕  

婚活やお見合いで失敗しないために 身上書・釣書の書き方についてご紹介!
釣書き(身上書)のペン字サンプル
実際の身上書・釣書はこのようなものです。
(※身上書・釣書のテンプレート)

< ポイント >
略歴・プロフィール
手書き
便せん1枚
が基本です。

< 使用目的 >
お見合い結納で相手側に渡されます。

< 注意する事 >
内容も重要ですが、字は人柄をあらわします。
そのため、きれいな字でなくても構いませんが、「ていねいな字」で真面目誠実な人柄をを伝えましょう。 お見合いでは、それが何より大切なことです。

これだけでOK、釣書・身上書
◇釣書と身上書は同じもの。最初のタイトル(釣書 or 身上書)はどちらでもいい。
◇便せん
を使用(無地の罫線が入っていないもの)。横向きで文字は縦書き。
◇手書き(小筆か万年筆)。黒色で書く。
◇お見合いでは家族書は不要。結納では必要。

>> 釣書・身上書・家族書 代筆サービス 〔納期3日・1万円〕  

きわめてプライベートな個人情報ですし、言いたくない所はあると思います。
特に外見・容姿に関する身長や体重、健康状態・病歴、家族に関することなどです。

その線引きは難しいのですが、名前や住所など、書かなければ身上書 ・釣書として意味をなさない項目があります。

それらはキチンと書いた上で、書きたくない項目を「書かない」あるいは「少しあいまいにして書く」ということをおススメします。

>> 釣書・身上書・家族書 代筆サービス 〔納期3日・1万円〕  

女性の場合など、体重は書きたくない、といった方も多いと思います。

身長・体重に関しては、書きたくない場合は書く必要はありません。

そのかわり写真を同封するといったことも良いでしょう。

写真は撮り方によって、写り方が変わるので、少しスリムに見える写真や上半身だけの写真などを選んで渡しましょう。

>> 釣書・身上書・家族書 代筆サービス 〔納期3日・1万円〕  

できれば本人が書いたほうが良いのですが、無理なら代筆でも構いません。

必ずしもきれいな字でなくても良いのですが、字は人柄を表わすので、ていねいに書いてください。

>> 釣書・身上書・家族書 代筆サービス 〔納期3日・1万円〕  

男性側は書くのが暗黙のルールとなっています。

大まかな金額で構いませんので書いてください。
扶養する能力がある、無職ではないといったことで必要な項目です。

女性側は特に書く必要はありません。
仕事に就いている場合だけ、勤務先を書きましょう。
その際も年収は不要です。

なお、女性側が無職の場合は「家事手伝い」と書いてください。

>> 釣書・身上書・家族書 代筆サービス 〔納期3日・1万円〕  

結納で身上書・釣書を出す場合は、家族書を付けてください。

お見合いの場合は基本的に不要です。家族書を付ける必要はありません。

相手側から、既に身上書・釣書が届いているのであれば、それに合わせるのが良いと思います。

それに家族書も付けてあるのであれば、礼儀としてこちらも付けます。

これからお見合いで身上書・釣書を出す場合は、家族書は不要です。

>> 釣書・身上書・家族書 代筆サービス 〔納期3日・1万円〕  

既往歴とは過去の病歴や健康状態、持病に関する記録のことです。

「既往歴」は少し表現が硬いので「健康状態 良好」でも構いません。

もし、書きたくない場合は書かなくても結構です。

>> 釣書・身上書・家族書 代筆サービス 〔納期3日・1万円〕  

お見合い用の写真ということになりますが、写真館・写真スタジオでの撮影で、メイク、ヘアメイクや衣装の有無で変わります。

自分の服、メイクなしで2万程度から、貸し衣装・メイクありで3万程度からでしょう。

とりあえず、身上書・釣書に付ける写真であれば、過去のスナップ写真でも構いません。

良い笑顔の写真を選んで、焼き増しすれば良いでしょう。

自然な感じの写真が選べるので、写真館・写真スタジオの撮影では緊張するという方には、スナップ写真がおススメです。

>> 釣書・身上書・家族書 代筆サービス 〔納期3日・1万円〕  

お見合い用と結納用で目的は違います。

お見合い用
もちろんお見合い相手の方向けですが、それ以上にご両親や間に立つ仲人用に用いられます。

こういう身元、経歴の方で、問題ありませんという、周囲を納得させる文書でもある訳です。

お見合い相手にとっては、このような紙一枚よりも、お相手の写真のほうが、よほど気になるものですので・・・

結納用
結納用では、ご両親や親戚などのためだけに必要な文書です。

身元、経歴をはっきりさせて、家族・親戚の一員として迎えるための準備のための文書です。

この段階では、もう本人は関係ありません。家族間でのみ必要なものです。
家族書を結納時に付けるのは、そのためです。

>> 釣書・身上書・家族書 代筆サービス 〔納期3日・1万円〕  

スナップ写真が良いでしょう。

スナップ写真とは日常の生活の「ひとコマ」を切り取って映したような写真です。

免許証やパスポートの証明写真のようなものは、固すぎるので避けましょう。

笑顔で写ったスナップ写真か、あるいはスタジオや写真館でお見合い用に撮影したものを使いましょう。

>> 釣書・身上書・家族書 代筆サービス 〔納期3日・1万円〕  

仲人に聞くのが良いでしょう。

仲人次第ですが、身上書・釣書とともに写真を同封したほうが効果的だと思います。

これから不特定の人に渡す予定であれば、入れてみてはいかがでしょうか?

もし、特定の方と身上書・釣書を交わすのであれば、相手側に合わせるのがルールなので、そうしてください。

つまり、相手から写真無しなら、こちらも写真は付けない。逆なら「付ける」とういうことです。

>> 釣書・身上書・家族書 代筆サービス 〔納期3日・1万円〕  

身上書・釣書を仲人に渡す際の封筒は市販のもので構いません

ただし茶封筒どと、少し事務的で素っ気がないので、白色の封筒のほうが上品で良いでしょう。

郵便欄(7桁の赤枠)は入っていても構いません。

表に「身上書一式」または「釣書一式」と書いて、仲人に渡します。

どちらを書くかは、本文のタイトル(身上書か釣書)に合わせます。

決まった人に渡すのであれば1部で、これから相手を探すのであれば、複数部用意して渡します。

手書きの原紙が良いのですが、無理なら、コピーして身上書・釣書を作ります。

スナップ写真などを入れても構いません。
もし、写真を入れたほうが効果的だと思うのであれば、積極的に入れましょう。

>> 釣書・身上書・家族書 代筆サービス 〔納期3日・1万円〕  

釣書(身上書)と共に写真を同封して、相手側(または仲人)に渡す場合があります。

そのような場合、写真を同封するかどうか悩むでしょう。

基本的に、写真は無くても失礼にはあたりません。

もし仲人を経由して相手側に渡すのであれば、仲人に聞くのが良いでしょう。

相手側から、既に釣書(身上書)が届いているのであれば、それに合わせるのが良いと思います。

つまり写真を同封していなければ、こちらも同封しない。写真が同封されているのであれば、こちらも同封する。
ということです。

もちろん、こちらから積極的に写真を同封しても、まったく問題はありません。

例えば、年齢よりも若く見える、といった場合など、釣書(身上書)だけで判断されるより、積極的に写真を同封したほうが良いでしょう。

>> 釣書・身上書・家族書 代筆サービス 〔納期3日・1万円〕  

万年筆で書のが良いでしょう。ほとんどは万年筆です。

ボールペンや小筆でも構いませんが、ていねいな字で書いてください。

必ずしもきれいな字でなくても良いのですが、字は人柄を表わすので、ご注意ください。

>> 釣書・身上書・家族書 代筆サービス 〔納期3日・1万円〕  

手書きのほうが良いのですが、難しいようであれば、パソコンやワープロで作成してください。

出来上がったものはB5の用紙に印刷すれば良いでしょう。

なお、以下のリンクより無料でダウンロード可能です。

パソコン用の身上書(釣書)・テンプレート

>> 釣書・身上書・家族書 代筆サービス 〔納期3日・1万円〕