カテゴリーが ’写真’ の投稿

婚活といえば、会場を貸りたパーティー形式、登録制の会員が定番でした。
最近では進化した出会いの場があるようです。

■ゴルフ
いろんなゴルフ場でやってるそうです。

■乗馬
乗馬をしながら婚活するというイベント。
間に「動物」が入ると、やっぱり打ち解けやすいそうです。

■料理
クッキングスクールなどで開催される婚活イベント。
料理作りという共同体験を通して、お互いを知ってゆくという過程が人気のようです。

■野球観戦
日本ハムが札幌ドームで実施した、見知らぬ男女が野球観戦ができる席を設置。
「婚活シート」として話題を呼びました。

■農作業体験
婚活ブームとも農業ブームを掛け合わせて生まれた、農作業体験型婚活イベントがあるそうです。
自然の中で、男女が一緒に汗を流しながら農作業。
そこで生まれる一体感や開放感によって、やたらとカップル成立率が高いと評判なんだとか。

■陶芸
陶芸ろくろ体験をしながらの婚活。

■ワイン
ワインの講習を受けながら、またはワイナリーを見学しながら。。。

■競馬
金沢競馬場では「すてきな出会い in 金沢競馬~当てよう恋の万馬券~」というイベントを開催。
特別観覧席でレースを見れるんだとか!

■美術館
アートを鑑賞しながら、“美味しいお酒と料理”と“知的交流”ができるパーティーがあるそうです。
確かに「同じ趣味」を持っているというだけで、普通の合コンよりはカップル成立率は高くなるのかもしれません。

>> 釣書・身上書・家族書 代筆サービス 〔納期3日・1万円〕  

お見合いで成功する法則について、4つのポイントに注意しましょう。

●相手に求める条件を絞る
収入や身長など妥協は絶対にしたくないという方も、いるかもしれません。細かいことを挙げると、キリがありません。選択肢が狭くなってしまいます。仲人・世話人に迷惑をかけないよう、あらかじめ2つか3つに絞っておきましょう。

●身上書・釣書などの資料
自分を売り込む資料なので、必ず心を込めて書きましょう。ていねいに書いた文字は、その人の気持ちや性格が、素直に現れるものです。

●写真について
きちっと正装で写っているものと、ラフな姿で写っているものを、2~3枚用意します。自分1人で写っているものや、家族と一緒に写っているものが良いと思います。
家族の写真が無理な場合、ペットと一緒の写真がおすすめです。自然と笑顔になります。本格的に撮りたい場合は写真スタジオを利用しましょう。

●お見合いの場
真正面に座るよりも、対角線上に座ると、緊張が和らぐものです。自分の話をするよりも、相手に話してもらうようにすると、うまく行くものです。「聞き上手」になるべきだ、ということです。

>> 釣書・身上書・家族書 代筆サービス 〔納期3日・1万円〕  

女性の場合など、体重は書きたくない、といった方も多いと思います。

身長・体重に関しては、書きたくない場合は書く必要はありません。

そのかわり写真を同封するといったことも良いでしょう。

写真は撮り方によって、写り方が変わるので、少しスリムに見える写真や上半身だけの写真などを選んで渡しましょう。

>> 釣書・身上書・家族書 代筆サービス 〔納期3日・1万円〕  

お見合い用の写真ということになりますが、写真館・写真スタジオでの撮影で、メイク、ヘアメイクや衣装の有無で変わります。

自分の服、メイクなしで2万程度から、貸し衣装・メイクありで3万程度からでしょう。

とりあえず、身上書・釣書に付ける写真であれば、過去のスナップ写真でも構いません。

良い笑顔の写真を選んで、焼き増しすれば良いでしょう。

自然な感じの写真が選べるので、写真館・写真スタジオの撮影では緊張するという方には、スナップ写真がおススメです。

>> 釣書・身上書・家族書 代筆サービス 〔納期3日・1万円〕  

仲人に聞くのが良いでしょう。

仲人次第ですが、身上書・釣書とともに写真を同封したほうが効果的だと思います。

これから不特定の人に渡す予定であれば、入れてみてはいかがでしょうか?

もし、特定の方と身上書・釣書を交わすのであれば、相手側に合わせるのがルールなので、そうしてください。

つまり、相手から写真無しなら、こちらも写真は付けない。逆なら「付ける」とういうことです。

>> 釣書・身上書・家族書 代筆サービス 〔納期3日・1万円〕  

身上書・釣書を仲人に渡す際の封筒は市販のもので構いません

ただし茶封筒どと、少し事務的で素っ気がないので、白色の封筒のほうが上品で良いでしょう。

郵便欄(7桁の赤枠)は入っていても構いません。

表に「身上書一式」または「釣書一式」と書いて、仲人に渡します。

どちらを書くかは、本文のタイトル(身上書か釣書)に合わせます。

決まった人に渡すのであれば1部で、これから相手を探すのであれば、複数部用意して渡します。

手書きの原紙が良いのですが、無理なら、コピーして身上書・釣書を作ります。

スナップ写真などを入れても構いません。
もし、写真を入れたほうが効果的だと思うのであれば、積極的に入れましょう。

>> 釣書・身上書・家族書 代筆サービス 〔納期3日・1万円〕  

釣書(身上書)と共に写真を同封して、相手側(または仲人)に渡す場合があります。

そのような場合、写真を同封するかどうか悩むでしょう。

基本的に、写真は無くても失礼にはあたりません。

もし仲人を経由して相手側に渡すのであれば、仲人に聞くのが良いでしょう。

相手側から、既に釣書(身上書)が届いているのであれば、それに合わせるのが良いと思います。

つまり写真を同封していなければ、こちらも同封しない。写真が同封されているのであれば、こちらも同封する。
ということです。

もちろん、こちらから積極的に写真を同封しても、まったく問題はありません。

例えば、年齢よりも若く見える、といった場合など、釣書(身上書)だけで判断されるより、積極的に写真を同封したほうが良いでしょう。

>> 釣書・身上書・家族書 代筆サービス 〔納期3日・1万円〕  

できあがった書類はもう一度最後にチェックして、まとめて封筒に入れます。

開封のまま写真とともに大き目の封筒に入れるようにします。

写真が必要かどうかは、仲人に聞けば良いでしょう。

表に○○○書類一式と書いて世話人(仲人)に渡します。

>> 釣書・身上書・家族書 代筆サービス 〔納期3日・1万円〕